市川紗椰から飛び出す謎の名言 「さけるチーズは誰も傷つけない」

『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、市川紗椰が暇潰しの方法を紹介した。

エンタメ

2019/12/23 06:45

市川紗椰
(写真提供:JP News)

22日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、食べることが大好きだという市川紗椰が登場。そんな市川が、お目当てのグルメを求めて訪れた北海道で、変わった暇潰し方法を披露し視聴者の注目を集めている。



 

■さけるチーズを使った暇潰し

美唄市にある焼き鳥屋に向かう途中、旅に同行していた藤木直人は「時間潰しのアイテム持って来たんだけど」と言い、「さけるチーズ」を取り出した。

じつは、市川は2016年、テンションが上がった瞬間として「さけるチーズをめっちゃ裂けた」という話を番組で披露。そのことを覚えていた藤木は「もうやってない?」と市川に質問。すると市川は「やってます」と微笑みを浮かべた。


関連記事:市川紗椰の“肉へのこだわり”が異常すぎる 「肉を通り越して…」

 

■「さけるチーズは誰も…」名言誕生

なお、この市川の暇潰しは、さけるチーズの食感を変えようとしていた所から来ているそう。その後、2人は40分間にわたり黙々とさけるチーズを裂き、均一に細く裂いたチーズを食した。

藤木は「普段食べてるのと違う」と感激。しかしその一方、市川は唐突に「さけるチーズは誰も傷つけない」という名言を言い放ち、スタジオからは爆笑が起きた。


■不思議な暇潰しと名言が話題に

市川と藤木による暇潰し方法について「あんなに割いてる人初めて見たww」「さけるチーズを割く食べ方www」と、視聴者からは笑いが起きている。

また、市川の「さけるチーズは誰も傷つけない」という不思議な名言に対しては「妙な名言になっとるww」「市川さん名言です」などの声が続出。

このさけるチーズを使った暇潰し方法…1人でやるのも、複数人でやるのもきっと楽しいに違いない。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、医療関係者から聞いた新型コロナ予防策明かし反響

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子