無限の可能性に感動! 北海道で「究極のじゃがバター」を作ってみた

北海道で究極のじゃがバターを作った結果…

グルメ

2019/12/24 10:30


 

■みんなでシェアする土鍋じゃがバター

水を切り、仕上げにバターをたっぷり入れれば…

土鍋からとりわけて楽しめる「みんなでシェアする土鍋じゃがバター」の完成だ!


関連記事:ダルビッシュ、コラボ解消の人気ユーチューバーにお詫びの品 チョイスに爆笑

 

■さまざまなトッピングを楽しむ

まずは普通にバターだけで味わう。インカのめざめもいいが、やはり男爵のホクホク感とバターの相性が最高。

土鍋じゃがバターはバター以外にもさまざまなトッピングができ、原田さん最初の推しはブルーチーズを加えた『ブルーチーズじゃがバター』。

こちらはかなりブルーチーズの風味が強いため、男爵とインカのめざめよりも甘味が強くねっとりしたノーザンルビーが合う。

次は札幌市で生産されている、イタリア・カラブリア州の肉みそ「ンドゥイヤ」を使った『ンドゥイヤじゃがバター』。程よい辛味は、甘みの強いインカのめざめとノーザンルビーがよく合う。

次ページ
■クリームチーズハスカップジャムじゃがバター

この記事の画像(17枚)