人気声優、サインのお願いは「断固お断り」 その理由に反響

声優の浅倉杏美が、サインを断る理由をつづった。

サイン
(Paul Bradbury/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

『アイドルマスター』の萩原雪歩役などで声優の浅倉杏美が24日にブログを更新。サインについてつづった。



 

■サインを求められ…

ファンから、「サインと、◯◯(わたしの演じている役)としてのメッセージを一緒に書いてください」と求められることがあると話す浅倉。だが、そのたびに断っているという。

というのも、「キャラクターは声優が自由に表現して良いものだと思っていなくて」と理由を説明。「声優は感情を込めて命を吹き込むけれどキャラクターの思考は作れない。勝手に作ってはいけない」とも続けた。


関連記事:宇垣美里、声優挑戦も苦笑い 「熱量と思いがあふれて早口に」

 

■率直なお願い

「いろんな考えがあると思うけれど、あくまでわたし個人の考えだけれど、キャラクターが発する言葉やメッセージは、声優ではなく作家さんやメーカーさんが魂を込める部分だから」ともつづる浅倉。

「なので、今後はそういうお願い、しないで下さい! はっきり言ってみました!」と率直にお願いした。


■芸能人に声をかける割合は…

なお芸能人の声かけについてはこんな調査がある。しらべぇ編集部が全国の20~60代の街中で芸能人を見たことがある男女640人を対象に「偶然見かけた芸能人に声をかけたか」調査したところ、全体で24.2%の人が該当している。

声掛けグラフ

ファンの人たちは肝に銘じてほしいところだ。

・合わせて読みたい→武井壮、街で声かけてきたファンに謝罪 その理由に反響相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の街中で芸能人を見たことがある男女640名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)