仲間由紀恵、結婚後に私生活が激変した出来事 「どこに行っても…」

『堂本兄弟』に出演した仲間由紀恵。結婚後、名字が「田中」に変わったことにより私生活に影響が出ているようだ。

エンタメ

2019/12/26 18:40

仲間由紀恵

25日放送の『堂本兄弟2019 ハッピークリスマスSP』(フジテレビ系)に、女優の仲間由紀恵が出演。結婚後に変わったことについて語った。



 

■本名で活動している人ならではの苦労

番組では、堂本光一が地方で仕事する際マネージャーが遅刻したときのエピソードを紹介。空港への到着が遅れた堂本は、名前をアナウンスされてしまい大恥をかいたという。

俳優の田中哲司と結婚して名字が変わった仲間だが、本名で芸能活動をしているため結婚前は苦労したそうだ。


関連記事:倖田來未、インスタに写り込んだ「現在の本名」に驚きの声相次ぐ

 

■結婚後「田中」になり…

店の予約やネットで商品を注文する際など、「仲間」だと目立つためマネージャーの名前を借りて済ませていたそうだが、「田中」姓を名乗るようになり「どこに行ってもバレない」と喜びを語った。

同じく、高橋みなみも結婚後名字が変わり「開放感がやっぱりすごい」と共感を示す。しかし、夫の名字が少々聞き取りづらいことから、結局、結婚前に使用していた偽名「きむらよしこ」を名乗っているそうだ。


■名字が結婚の決め手に?

名字が話題になった今回の放送。しらべぇ編集部では、過去にこんな調査を行っている。全国20代~60代の男女1,149名を対象に「交際や結婚の決め手」について調査したところ、全体の4.2%が「相手の名字」と回答。

この結果を男女年代別に見ると、20代~40代は男性の割合が女性を大きく上回ることが判明した。

名字

本名で芸能活動をしているタレントならではの悩みに、視聴者は「確かにキツイ」「目立つよね」と共感している人も多いようだ。

・合わせて読みたい→武田真治の意外な飲み仲間とは 反省会もしたというメンツが豪華すぎる

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の1149名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)