紅白リハ2日目スタート 初出場のGENERATIONS&日向坂46もステージに

紅白歌合戦の2日目リハがスタート。午前中に登場したのはジャニーズJr.やHey!Say!JUMP、日向坂46ら。

29日、東京・NHKホールで『NHK紅白歌合戦』2日目のリハーサルが始まった。この日は30組のアーティストたちが立ち位置の確認や音合わせを行なう予定になっている。


画像をもっと見る

 

■2日目は「郷ひろみ」から

2日目のリハーサルは郷ひろみからスタート。

郷ひろみ
(『NHK紅白歌合戦 リハーサルにて撮影)

普段着で現れた郷は、たくさんのダンサーたちとともに「2億4千万の瞳」を熱唱。

野球やバスケットボール、サッカーなど今年日本で盛り上がったさまざまなスポーツを振り返る、舞台では収まりきらない規模の演出は要注目だ。


関連記事:綾瀬はるかもキュンキュンダンスに挑戦 『紅白歌合戦』リハーサル最終日

 

■ジャニーさんへの思いを込めて

来年同時デビューするSixTONESとSnow Man率いるジャニーズJr.たちは、今年7月に亡くなったジャニー喜多川氏の思いを込めて「Let’s Go To Earth」「Let’s Go to Tokyo」をパフォーマンス。

純白の衣装に身を包んだジャニーズJr.と、スパンコール輝くSixTONES&Snow Man。まるで舞台を見ているかのような豪華さを味わえる。

Jr.たちとは対象的にラフな格好で登場したHey!Say!JUMPは、「上を向いて歩こう~令和スペシャルバージョン~」をしっとりと披露。振り付けに手話を入れており、「見ている人にも一緒に踊ってほしい」と微笑む。

次ページ
■AKBは「恋チュン」を世界の仲間とともに

この記事の画像(12枚)