大学首席のエリート姑が嫁いびり 子供を置いて実家に帰ってしまう事態に

嫁と姑をめぐる悩みが後をたたない。

社会

2019/12/30 07:30

怒鳴る
(AndreyPopov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の母親が嫁いびりをしているかもしれない。『Yahoo!知恵袋』にこのほど、嫁と姑をめぐる悩みが投稿された。



 

■エリートな母親

投稿主の母親は55歳。大学を首席で卒業した看護師で、大きな病院の婦長まで務めるなどキャリアは申し分ない人物。

小児病院の付添の妊婦からの信頼も厚く、投稿主からすると育児のエキスパートとも言えるほど、知識力も豊富だ。投稿主と妻との間には現在、4歳の子供がおり、母、投稿主世帯で同居している。


関連記事:くわばたりえ、ブログに姑問題の相談 「嫌に決まっておる!」とバッサリ

 

■メンタルえぐられた妻

その母親の行動に最近、妻がメンタルをやられているようだという。

「お義母さんから『長男の端の持ち方が変なのはあんたのせいだ』で殴られた」「長男が口内を痛がったので『口内炎かな』と言って長男の口を覗き込んだらお義母さんが『勝手に病名つけるのやめなさい!』と足蹴にされた」といった問題が起きていた。

投稿主が母親に問い詰めると、「そんなことはしていない」と完全否定。しまいには、長男を置いて妻は実家でしばらく休みます、と置き手紙があったほど。


■妻実家からの指摘

なお嫁姑問題についてはこんな調査がある。しらべぇ編集部が全国20~60代の既婚女性532名を対象に、「嫁姑関係」について調査を実施。

姑といい関係を持っている?

全体の46.8%が「姑とは良い関係を保っている」と回答していた。

妻の実家からは「何日の何時に蹴られた、などと具体的に言っているため妄想ではないはず。嫁いびりではないか?」と指摘されていた、と締めくくられている。嫁と姑の問題はそれだけこじれやすいのだろう。

・合わせて読みたい→『スッキリ』加藤浩次の“帰省ブルー”持論に反響 「もっと言って!」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

この記事の画像(1枚)