『紅白』ビートたけし、歌唱力に若い世代騒然 「マジか…」「思ったより…」

『第70回紅白歌合戦』にビートたけしが歌手として初出場。名曲『浅草キッド』を歌唱したところ、その歌声に若い世代が衝撃を受けることに。

エンタメ

2019/12/31 23:05

ビートたけし

31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、ビートたけしが出演。歌手として、下積み時代を綴った名曲『浅草キッド』を披露したところ、若い世代からその歌唱力に驚きの声があがっている。



 

■歌手としては初出場

2000年と2001年の二度、紅白歌合戦に出演したことがあるたけし。しかし、そのときは応援ゲストとして乱入しただけで、歌手としては今回が初出場だった。

司会の内村光良は、白組司会の櫻井翔から話を振られると、同じ背広を初めて買う様子を綴った歌詞について、「デビューのときにふたりで買いに行って」「ヤバいです……」と声に涙をにじませながら語った。


関連記事:爆問・太田、『紅白』出場を黙っていたビートたけしに嘆き 「ウソばっかだな」

 

■味わい深いボーカルを披露

そして、かつての仲間たちの想いを胸に、たけしは『浅草キッド』を歌唱へ。最初こそ手探り感があったが、次第に調子を掴んだのか、72歳という年齢を感じさせない本職顔負けの声量を発揮。

独特ながらも、優しく、味わい深いヴォーカルで、丁寧に歌い上げた。

次ページ
■「いい声」「なんて優しい歌い方なんだ…」