ユッキーナ・藤本敏史が「タピオカ離婚」 『モニタリング』ドッキリ”再現”に驚きの声

「タピオカ騒動」で活動自粛していたタレントの木下優樹菜とFUJIWARA・藤本敏史が離婚を発表した。

木下優樹菜

31日、タレントの木下優樹菜(32)が、2ヶ月ぶりにインスタグラムを更新。お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(49)との離婚を発表した。

2010年8月に結婚して2児にも恵まれ、ママタレントとして幅広い支持を集めていたが、いわゆる「タピオカ騒動」で今年11月に活動自粛を発表していた。

親権は木下が持ち、「互いに協力し合って仲良く子育てをしていく」と述べられている。



 

■10月からはインスタ休止していた

姉が勤務していたタピオカ店とのトラブルに木下が介入し、脅しとも取られるようなメッセージを送ったことが暴露された木下。インスタグラムでは、今も530万を超えるフォロワーを擁しているが、10月9日の謝罪投稿以来、活動自粛もあってか一切更新されていない。

しかし、8月28日の結婚記念日には、「結婚9年。一緒にいて11年 びびるー」と、夫婦愛を感じさせる投稿もしていただけに、やや唐突な印象も否めない。


関連記事:フジモンが“離婚の財産分与”で得たモノに衝撃 「さすがに面白すぎる」

 

■ドッキリ企画に「鳥肌立った」の声も

結婚した際は、年の差やその見た目から「美女と野獣」なども声も上がった2人。TBS系バラエティ番組『モニタリング』では、たびたび「離婚ドッキリ」が仕掛けられ、人気シリーズとなっていた。

ネットユーザーからは、「『モニタリング』が現実になったね」「実際別居中の2人が”別居離婚済”を”演じてたってすごい」など、番組の目のつけどころに驚きの声も目立っている。

・合わせて読みたい→松本人志、ゆきぽよ・みやぞんの恋を揶揄 「結婚したら何年後かにタピオカで揉めてそう」

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事の画像(1枚)