満員電車で目の前の男性がイジりだしたモノに絶句 「ここでやるのか…」

満員電車の中では、近づきたくないような人物と大接近してしまうケースも珍しくなく…。

ライフ

2020/01/01 14:00


 

■弁護士の見解は…

弁護士・齋藤健博先生

しらベぇ編集部は今回の目撃談について、弁護士・齋藤健博先生に話を聞いてみた。齋藤先生によると、そもそもセクハラとは「男女を問わず、相手方の意思に反する性的な言動を行うことにより、相手型の就労環境を侵害する行為」だという。

極論からいうと「電車内での発言や動作が、直ちにセクハラに該当するとは考えられない」とのことだが、接触してきたなどの行為が追加された場合は痴漢行為と成立するそうだ。また、下半身をイジる行為が継続的に行われている場合は「新型痴漢の余地があるでしょう」とのことだ。


関連記事:会社の忘年会はセクハラの温床? 「アウト行為」を弁護士が解説

 

■「セクハラ」に発展するケース

接触以外にどんな行為が加わればセクハラが成立するか聞いてみると、齋藤先生は近年多く発生している事例を挙げながら答えてくれた。「相手を凝視したり、匂いを嗅ぐ行為が考えられます」「また電車の揺れとは明らかに無関係の形で身体に触れてきた場合などは、完全に不正行為が成立し、迷惑防止条例違反行為になり得る」とのこと。

車内での嫌がらせが「継続的なもの」であったり「同じ女性を凝視している」といった要素が加わると、「故意の判断での行為」と認識される可能性があるようだ。ただでさえトラブルが起こりやすい電車内では、自身の行動が軽率でないかしっかり考えたほうが良いだろう。

・合わせて読みたい→電車内の迷惑行為を注意した女性、周囲の言葉に「やるせない…」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 取材協力/齋藤健博弁護士)