『紅白』King Gnuメンバーの学歴にネット衝撃 「めちゃくちゃエリートじゃん」

第70回『紅白歌合戦』に初出場したKing Gnu。メンバー2人の「学歴」に注目が集まっている。

エンタメ

2020/01/01 05:45

紅白歌合戦
(『第70回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表会見にて撮影)

31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、ミクスチャーロックバンドのKing Gnu(キングヌー)が出演。抜群のパフォーマンスに称賛の声が集まる一方、ツイッター上ではメンバーの学歴に衝撃を受ける人が相次いでいる。



 

■『白日』で圧巻のパフォーマンス

King Gnuは常田大希、勢喜遊、新井和輝、井口理から成る4人組バンド。様々なジャンルの音楽を高度にミックスした、唯一無二の音楽性で知られる。

この日、披露したのはドラマ主題歌にも採用され、ブレイクのきっかけとなった楽曲『白日』。動画・ストリーミング再生が1億回を超えるヒット曲だ。

井口の美声からパフォーマンスが始まると、歌声・演奏・楽曲のクオリティ、そのすべてにネット上では「感動した」「泣いた」「いい曲すぎる」「歌とんでもなく歌が上手い」などの反響が相次ぐことに。


関連記事:『紅白』櫻井翔、King Gnuを言い間違え 「イジりまくるメンバー」に反響

 

■東京藝大出身者がふたりも

そんななか、彼らの姿を初めてテレビで観た人々が、ネットで検索してメンバーの学歴に衝撃を受けることに。じつはリーダーの常田が東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻(中退)、井口が東京藝術大学音楽学部声楽科(卒業)なのだ。

東京藝大と言えば、日本国内でトップの芸術大学として知られる存在。坂本龍一や葉加瀬太郎など、名を挙げるとキリがないほど多くの音楽家、俳優、芸術家を輩出している。

次ページ
■「スゴイ」「頭もいいんだ」