『紅白』米津玄師、出場していないのにトレンド入り 前回は歌唱力が話題に

第69回『紅白歌合戦』への出演で大きな話題となった米津玄師。今年はVTRでの出演にとどまったものの、トレンド入りを果たすことに。

2020/01/01 06:00


 

■紅白終了後にトレンド入り

さらに、嵐とのコラボレーション楽曲『カイト』がこの日、初披露。同曲は「NHK2020ソング」を担当することがすでに発表されており、アスリートやこれからの時代を担っていく若い世代を応援する楽曲として、2020年にNHKのさまざまな番組やサービスで使用されるそうだ。

歌唱前には、米津のディレクションのもと行なわれたという、レコーディング映像が公開。さらに米津が楽曲について語る映像も放送され、番組が終了した頃に「米津さん」がトレンド入りした。


関連記事:「米津さんには感謝」 嵐コラボ『カイト』作曲の米津玄師に紅白制作チーフがコメント

 

■約8割弱が「米津玄師の音楽が好き」

作詞作曲・歌唱・イラスト・ダンス・プロデュースワークと多方面で才能を爆発させている米津。その楽曲は個性的ながらも、同時に多くの人の心に訴えかける普遍性を有しており、「天才」という言葉がぴったりだろう。

ちなみに、そんな彼の音楽についてしらべぇ編集部では調査を実施。全国20代〜60代の男女1,016名を対象に「米津玄師の音楽が好きか」尋ねたところ、「大好き」が20.3%、「まあまあ好き」は57.1%と全体で77.4%もの人が支持していることがわかった。

米津玄師

昨年とは違う形で、その才能を見せつけたと言えるのではないだろうか。

・合わせて読みたい→菅田将暉、“命をかけた濃い1年” 来年は「まとまった休みで1人の時間作りたい」

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1016名 (有効回答数)

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

NHK紅白紅白歌合戦菅田将暉米津玄師ガイドFoorinパプリカ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング