『紅白』綾瀬はるかの天然発言に困惑 「たしかにそうだけど…」

『第70回紅白歌合戦』に女優の綾瀬はるかが出演。超ド級の天然行動に、お茶の間は爆笑。

エンタメ

2020/01/01 06:45

綾瀬はるか

31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、女優の綾瀬はるかが紅組司会として出演。彼女らしさあふれる司会に、ネット上は大盛りあがりとなった。



 

■「GENERATIONS」を噛む

今回で紅組司会3回目の綾瀬。天然キャラとして知られる彼女は、過去の『紅白』でもその司会が話題になってきたが、この日もある意味「順調」な仕上がり。

開始から15分程度で「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のグループ名を呼ぶ際に「じぇっねれじぇGENERATIONSの…」と噛むと、櫻井翔が「噛んでないよ」とフォローする一幕が早速見られた。


関連記事:綾瀬はるか、会見でも不思議発言 「紅白司会はUSAチーム」

 

■「未来の大河ドラマで……」

そして、石川さゆりを紹介する際、審査員の長谷川博己をステージ上に招く。彼は19日から放送開始となる大河ドラマ『麒麟がくる』の主演であり、石川は本作で長谷川の母親役を演じる。

すると、綾瀬が「おふたりは未来の大河ドラマで……」と紹介。すぐに「来年のね、大河ドラマで親子を演じられる……」と言い直すも、長谷川、石川ともに苦笑。白組司会の櫻井翔から「未来でもあるよ」とフォローされていた。

次ページ
■「たしかに未来だけども」