『紅白』美空ひばりさんのAIが新曲を熱唱し賛否 技術の高さに称賛の声も

『紅白歌合戦』に美空ひばりさんのAIが登場し物議

エンタメ

2020/01/01 07:00

AI美空ひばり
(『NHK紅白歌合戦 』リハーサルにて撮影)

12月31日放送の『第70回紅白歌合戦』(NHK)に、昭和の歌姫・美空ひばりさんのAIが登場。その存在が賛否両論となった。



 

■40年ぶりに『紅白歌合戦』に登場

美空ひばりさんのAIは、生前の歌声を最新技術で再現したもの。2019年にNHKが特別番組で完成までの過程を放送し、物議を醸していた。

今回生前ひばりさんが何度も出演した『紅白歌合戦』の舞台に、AIとして40年ぶりに登場。歌前には「平成元年にお亡くなった美空ひばりさんが、令和元年の『紅白』で蘇ります」と綾瀬はるかから紹介される。


関連記事:徳光和夫、『紅白歌合戦』に「原点失っている」と苦言 同調の声も

 

■新曲「あれから」を披露

ステージに登場した美空ひばりさんのAIは、生前の姿と瓜二つ。まるで生きているかのような身振りと、「昭和の歌姫」の名を欲しいままにした歌声で、秋元康氏作詞の新曲「あれから」を熱唱する。

そして曲の途中には「お久しぶりです。あなたのことをずっと見ていましたよ。頑張りましたね。さあ、私の分までまだまだ頑張って」と語りかけるシーンも。その姿はまるで本物のひばりさんが話しているかのよう。

審査員で美空ひばりさんの歌声をよく知る世代の上沼恵美子は、その完成度に「びっくりした」と驚きの声を上げた。

次ページ
■視聴者の評価は賛否両論