サファテ、外国人初の偉業は? ケガからの復活、ライバルの存在

福岡ソフトバンクホークスのサファテは後16セーブで外国人投手初の名球会入り。そこには険しい道が…

スポーツ

2020/01/03 07:45

福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ投手。あと16セーブで名球会入り達成となる。外国人初の通算200セーブを達成した右腕だが、暗雲が立ち込める。


 

■自由契約を2度も経験

MLBチームを渡り歩き、日本にやったきたのは11年だった。広島東洋カープに入団し、当初からクローザーとして起用。外国人投手球団最多記録を更新し、1年目から35セーブを記録した。

しかし2年目は9セーブ。自由契約となり埼玉西武ライオンズに移籍したが、13年シーズンも数字が残せず2度目の自由契約を経験する。そして、その年のオフにホークスへ移籍。ここから快進撃が始まった。


関連記事:藤川球児、ついに見えてきた記録 「松坂世代初の名球会」なるか

 

■福岡での飛躍

14年は前年から打って変わって37セーブ。2年目には41セーブで最多セーブのタイトルを獲得。17年シーズンにはシーズン最多記録となる54セーブを記録した。

3年連続で最多セーブを記録、名球会まで21セーブとしたが、18年に異変が起きた。開幕から6試合登板したのみで検査のために帰国。そのまま手術を受けて復帰しなかった。


■20年は勝負の年

19年シーズンも棒に振ったと言っても良い。残り16セーブと過去の実績をみればすぐにでも達成しそうな気もする。ただ戦線に復帰すれば良い話ではない。今のホークスには森唯斗という守護神がいる。

彼からクローザーの座を奪う必要がある。森の不調などでチャンスが回る可能性があるが、すぐにチャンスが来るとも限らない。契約は21年まで残っているが、そろそろ戦力にならなければ惜しいところで日本を去ったクローザーで終わってしまう。

・合わせて読みたい→軽い風邪ならプライベートの予定はセーブしない? 「熱がない」が基準か

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也