「元カノを殺して」 嫉妬に狂った恋人の要求に応じて少年がナイフで殺人未遂

いわゆる二股交際を続けていた少年が、ナイフを振り上げまさかの凶行に及んだ。

社会

2020/01/03 09:20


 

 

■ナイフでめった刺しに

少年の「死んでもらわなくちゃ」という気持ちは元恋人と抱き合ってもなお揺るがず、少年はナイフを振り上げ元恋人に突き立てた。

必死に逃げ庭にまで飛び出した元恋人を追い詰め、頭・首・背中まで刺し「これで死ぬだろう」と考えた少年は、その場から逃走。新恋人が待つ場所に急いだが元恋人は致命傷を負ってはおらず、幸運にも一命をとりとめた。


関連記事:10代で曾祖母を殴った凶暴性そのまま 22歳男が恋人の猫を惨殺

 

■少年らに下された実刑判決

通報を受けた警官隊が、少年のもとに向かい身柄を確保。すでに服は着替えていたというが、血まみれの衣類なども押収されたという。

その後の調べで、新恋人が少年に「殺害の様子を撮影して私に見せて」「私が証拠を見たあとに削除すればいい」「スマホも処分して」などと指示していたと判明。

その後の裁判を経て、少年と新恋人のそれぞれに懲役16年の実刑判決が言い渡された。判事はこのふたりにつき、「自分たちがすべての中心だと思い込んでいる身勝手な人間」と痛烈に批判している。

・合わせて読みたい→ネットで出会った15歳と12歳が駆け落ち 少年が見せた「男の気概」に驚く

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原