愛する人と新年を祝おうと… 花火に火をつけた瞬間に爆発し男性が死亡

思いもよらぬ事故が起き、最悪の結果に…。多くの人が目撃したという事故は、あまりにも悲惨だった。

社会

2020/01/03 14:00


 

■悲しみに暮れる婚約者

血だまりのなかに横たわる男性に駆け寄った婚約者は、どうすることもできず泣き叫んでいたとのこと。まるで動かなくなった男性の体を抱きしめ涙を流していたといい、突然の悲劇に見舞われたカップルを、友人たちも茫然と見つめるしかできなかったという。

現場にはすぐに救急隊員らが駆け付け心臓マッサージを試したが男性は息を吹き返さず、その場で死亡が確認された。


関連記事:海岸で発見された人間の脚 サメに食われた男性のものと判明

 

■当局のコメント

男性の死亡後に当局は声明を発表し、「現場にあった花火はすでに回収済みです」「しっかりと花火の状態を調べ、事故が起きた経緯につき細かく解明していく予定です」と明かしている。

この事故に関する報道に多くの人がショックを受けており、「花火に近づくのは危険」「しっかりと距離を保っておくべきだったのに」というコメントのほか、「婚約者があまりにも気の毒だ」といった意見も多数インターネットに書き込まれている。

・合わせて読みたい→行方不明の男性がブタに食べ尽くされていた 現場にはわずかな骨が…

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)