認知症の恐れがある高齢者のトンデモ行為 塗装職人が3階から転落

常に自己中心的でイライラが止まらない。そんな高齢者は脳機能の病変が理由の場合もあるという。

社会

2020/01/04 09:40

塗装・ペンキ・職人
(Feverpitched/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

高いところの作業でハシゴに乗っていた塗装職人。そのハシゴがいきなり揺れた。「やめてください」と叫んでいるにもかかわらず、1人の高齢男性が大きくハシゴを揺らし続けたという。



 

■職人が乗っているハシゴを…

このほどペルー・リマのサンマルティン・デ・ポレス地区にある集合住宅の、3階部分で塗装作業をしていたフェルナンデス・サンチェスさん(46)。

彼は大きく揺れたハシゴから振り落とされ、9メートル下の地面に叩きつけられた。すぐに病院に搬送されたため、幸い命に別状はないという。


関連記事:高齢男性が妻をメッタ刺し 「悪い女だ」「こいつを片付けろ」と救急隊員に要求も

 

■人の言葉に聞く耳持たず

ハシゴを揺らした犯人は、その建物の1階に車椅子で暮らしている高齢の男だった。「なんだコレは。こんなモノがなぜここにあるんだ。私の車椅子が通れないじゃないか。邪魔だ」と怒鳴りつけると、ハシゴを力づくで激しく揺らした。

「やめてください」と叫ぶサンチェスさんに、高齢の男はまったく関心を示さなかったという。

次ページ
■近所の鼻つまみ者

この記事の画像(1枚)