女子高生に夢中になり同棲を提案した元校長 セクハラで訴えられる

立場を忘れ、生徒に夢中になったある校長。ついには「俺と暮らそう」と提案するなどし、生徒をひどく困惑させた。

2020/01/04 18:20

女子高生
(Promo_Link/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

校長という立場だったにもかかわらず、勤務先の学校で学ぶ女子高生に夢中になり暴走したある男。それからすでに数年が経過しているというが、被害者は精神的に不安定な状態が続き苦しんでいるという。



 

 

■高校生に惹かれた校長

2017年のこと、米メイン州の高校で校長として働いていたある男が16歳だった女子生徒を気に入り、特別扱いするようになった。

妖艶で美しい生徒に惹かれた校長は理性を失い、他の生徒や教職員がいる前でも女子生徒につき「セクシーだ」などと言うように。いつの間にか個人的に連絡するようになり、ふたりのメールのやり取りは約5,000回に及んだという。


関連記事:藤田ニコル、ブラック校則を伝統と語る校長に一言 「もっと好きになった」

 

■不適切な言動

校長の行動はどんどんエスカレートし、ついには女子生徒のために車まで購入。お金まで差し出すこともあったという校長。

「一緒に暮らしたい」と言い始め、「お前のお尻を叩きたい」「二度ほどひっぱたけば、お前は俺のものになるだろう」といった内容のメールまで送るようになったという。

この高校には社会福祉士も勤務していたことから、悩んだ女子生徒は「校長先生の言動は不適切ではないでしょうか」と相談。

しかし同職員は「そんなことはない」「君の父親のような存在になろうとしてくれているだけ」などと話し、校長を擁護した。このような相談を受けた時点で当局に報告すべきだったというが、それを怠り校長の暴走を止めようとさえしなかったのだ。

次ページ
■辞任した校長

→最大60%OFF Kindle本ビジネス書キャンペーン 対象2,000冊以上!

メールセクハラ辞職同棲うつ病校長適応障害休職セクハラ訴訟社交不安障害
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング