「日本の中年男マジきもい」 ローアングラー殺到の『コミケ97』が海外でも話題に

父親ほどの年齢の男たちがカメラを自分のスカートの下に…こんな不快なことはない。

社会

2020/01/04 16:20

コスプレ
(piyato/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人気のコスプレイヤーが集結し、大変な数のカメラマンたちの「囲み撮影」を受けることで知られるコミックマーケット。だが、節度も理性もないカメラマンがいっぱい紛れているという事実が写真で拡散し、海外でも波紋を広げている。



 

 

■コミケ97囲み撮影で…

昨年12月28~31日に東京・有明の「東京ビッグサイト」で開催された「コミックマーケット(コミケ)97」。そこには思い思いの人気キャラクターに扮したコスプレイヤーたちが集結した。

だがそれぞれの囲み撮影では、ミニスカートの下からカメラを上向きに構える、いわゆる「ローアングラー」と呼ばれるドスケベな男たちが少なくなかったようだ。


関連記事:『コミックマーケット97』コスプレイヤー約150人ベストショットまとめ

 

■ローアングラーは中年男に多い?

Tバックから漏れるお尻やパンチラ写真を1枚でも多く盗ろう、あわよくば体に触ろうなどと考えているのか、妙に目をギラギラさせながらコスプレイヤーに近づいていく男たち。

極端に低いところから撮影しようとするローアングラーには、家庭持ちだと思われてもおかしくない、一見ごく普通の中年男性が多いことにも驚かされる。

次ページ
■人気コスプレイヤーが被害を投稿

この記事の画像(1枚)