「AV鑑賞中の顔写真をバラまく」 金銭要求スパムメール被害がまた増加中

誰にも見られたくない、知られたくない、そんな気持ちに付け込んだ汚い手口だ。

2020/01/05 08:20


 

 

■日本人には76,000円を要求

マルウェアを仕込んであるため、相手の顔写真、Messengerアカウント、メールアドレスほかの情報を取得済みだとし、「知人・友人にAV鑑賞中のあなたの情けない表情を送りつける」と脅してくるそのメール。

さらに「相場の約半額でいいです。24時間以内にビットコインを利用し、日本円で76,000円を支払ってくれれば今回の件はなかったことにしましょう」とゆすってくる。

メールに使用される言語もユーザーの国籍ごとに英語、韓国語、中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語などが用意されており、もちろん日本語でも送られてくるから恐ろしい。


関連記事:写真うつりが良いのは1割のみ? 高収入層ほど自信派が増加も

 

■ウェブカメラを普段はオフに

その被害件数は海外でも増加傾向にあり、セキュリティ情報サイト「クレブス・オン・セキュリティ」の分析によると、このスパムメールは10年ほど前に大量に流出したメールアドレスとパスワード情報を元に、半自動的に送信されている可能性が高いそうだ。

対策としては「必要時以外はウェブカメラをオフにしておく」「各種セキュリティ情報の収集に努める」「同じパスワードを長年使用しない」などが重要になるという。

・合わせて読みたい→紗綾、“Fカップ小学生”時代のスタイル再び 「出るところは出て…」

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

写真スパムメールアダルトビデオ被害ビットコイン金銭恐喝送金ハッキングウェブカメラ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング