飛行機のエンジンに「幸運のコイン」投入 男性に186万円の支払い命令

高齢者だから、初めての空の旅だからと大目に見てもらってきたその行為。しかし今後は…。

社会

2020/01/05 16:40

飛行機・エンジン
(Ahrys_Art/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

非常にデリケートな旅客機のエンジンに「お賽銭」感覚でコインを投入。これは飛行機の安全な運航をさまたげかねない、きわめて危険で愚かな行為だ。



 

■左エンジンに硬貨2枚

昨年2月17日、中国のラッキー・エア/雲南祥鵬航空(うんなんしょうほうこうくう)において、安徽省安慶市から雲南省昆明市に向けて飛ぶ予定だった旅客機の左エンジンに、1人の男の乗客が1元硬貨2枚を投げ入れる事件が起きていた。

それは中国人ならではのお賽銭感覚の行為。誰が考えたのか「コインの投入で安全な空の旅が叶う」という迷信だ。


関連記事:機内で泥酔客がスマホを… あり得ない行動で旅客機が緊急着陸

 

■初めての空の旅でつい…

とんだ愚行を働いたのは28歳の男性。当局との事情聴取のなかで「人生で初めて飛行機に乗るところで、同伴の妻子のためにも安全な空の旅をと願をかけた」などと説明し、身柄は7日間も拘束された。

彼は「こんなことになるとは想像していなかった」と話した模様だが、その身勝手な行為により当日のフライトはキャンセルに。

乗客162名が遅延で迷惑をこうむったほか、エンジンの再度の点検が必要となったラッキー・エアは計14万元(日本円にして約217万円)の損害を計上した。

次ページ
■「厳重注意」の時代が終わる

この記事の画像(1枚)