上原さくら、元旦から救急搬送&入院 「死ぬのかも」と思った病気は…

タレント・上原さくらがブログを更新。正月にインフルエンザで救急搬送され、入院していたことを明かした。

エンタメ

2020/01/05 14:31

上原さくら
(写真提供:JP News)

タレントの上原さくらが、4日に自身のブログを更新。1日1日に救急車で搬送され、そのまま入院していたことを明かした。



 

■インフルエンザで搬送&入院

新年最初のブログが遅れたことを謝罪しつつ、上原は「インフルエンザA型に感染してしまい、入院してました」と報告。経緯について綴っていく。

元旦の朝から体調が優れなかったという上原は、午前のうちに病院に行ったのだが、そのときは感染して時間が経っていなかったせいか陰性に。

しかし、時間が経つにつれ熱がどんどん上がり、「酷い咳込みの度にやっと飲んだ水分を吐き戻し、関節や筋肉が痛み、頭痛までしてきて、ついに目がまわってふらふらで立つことすら出来なくなって」しまったという。

そして、「一刻も早く病院に着いたほうがいい」という判断で救急に電話。担当者と説明し、話をしたうえで、救急車を呼ぶことにしたそうだ。


関連記事:藤本美貴、入院中の豪華すぎる食事に驚き 「こんなに…」

 

■「これ、死ぬのかも」と思った理由

15年くらいインフルエンザに罹患していなかったという上原。それだけに、インフルエンザだとは思えず、べつの急性の病気になった気がして「これ、死ぬのかも」とすら思ったという。

その後、医師の判断で入院することに。3日の昼頃まで38度台の熱が続き、その後、やっと下がったという。

「なんというお正月になっちゃったのでしょう」と嘆いた上原だったが、幸い家族に新たな発症者は今のところいないそうで、「私が持っていたウイルスだとしたら、みんなに移らないで本当によかった」と綴った。

次ページ
■「大変だ」「可哀想に」