いじめで重傷負った被害児童・目撃した姉が不登校に 「人生狂わされた」と母が涙の訴え

いじめで「人生を狂わされた」と訴える家族の姿を追った…

社会

2020/01/07 08:20

しらべぇ編集部に、愛知県豊田市でいじめ被害に苦しむ家族からの訴えが届いた。豊田市では昨年の3月12日夜に、当時小学6年生の女児2名が、いじめを示唆するメモを残して自殺している。豊田市で今何が起きているのか。苦しむ家族の訴えを追った。


画像をもっと見る

 

■重傷を負った被害児童

愛知県警によると、加害児童(当時小学5年生)は、2018年10月25日午後3時10分ごろ、愛知県豊田市内の路上で、被害児童(当時7歳)に対して、後ろから押して転倒させる暴行を加えた。

被害児童は、6週間の通院加療を要する手首の骨折、全治まで約3週間を要する歯冠破折の傷害を負うことに。現場に駆けつけた母親は血だらけの被害児童を目撃することになったが、加害児童は、「俺やってねーし」と言い放ったという。

警察は、触法少年による傷害事件と認定し、児童福祉法の規定どおりに、「児童又はその保護者に訓戒を加え、又は誓約書を提出させること」を行った。

なお刑法では、「14歳に満たない者の行為は、罰しない」と規定し、刑事未成年者である触法少年を処罰対象から除外している。


関連記事:「いじめに苦しむ娘のために」 校長に会いに行った母親を少女らが襲撃

 

■「しんでしまうと思った」

被害児童は、当時の気持ちをメモに残している。「しんでしまうと思った」。

被害児童と姉、加害児童の三人で下校途中にこの事件が発生。暴行の様子は、姉(当時5年生)も目撃していた。事件直後は、姉はその状況をショックのあまりうまく話せなかったという。その後、「妹が死んでしまうと思い、怖かった」と語ったとのこと。

これほどの事件が起きたにも関わらず、学校は保護者説明会すら行なわず、また加害保護者からも誠意ある謝罪はなかったという。

次ページ
■学校は迷走

この記事の画像(4枚)