闘病中の笠井アナ、一度だけ泣いた理由を明かす 「三男との約束が…」

悪性リンパ腫を患う笠井アナが、告知をされてからただ一度だけ妻の前で泣いた理由を明かした。

エンタメ

2020/01/08 18:20

笠井信輔

悪性リンパ腫で闘病中のフリーアナウンサー笠井信輔が7日、自身のブログを更新。病気を告知され、妻の前で泣いたのはただ1回であること、またその理由を明かした。



 

■徹子の部屋を見て…

しらべぇでも既報の通り、7日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、口腔がん(舌がん)を患い手術をした歌手の堀ちえみが出演。闘病やリハビリについて語っており、笠井もその放送を視聴していた。

笠井は7日に更新したブログの冒頭で、堀のある発言に共感したと語る。それは「これで自分の人生終わっても仕方がない」という言葉だ。


関連記事:笠井信輔アナ、妻との意外な馴れ初めに「最低男のレッテル」貼られる

 

■気がかりだったのは

笠井も生存率7割と医者から告知されたとき、人生を振り返り「もし病気で死んだとしても悔いはない」と思ったそう。しかし16歳になる三男のことが、気がかりだったという。

笠井は三男から「冬休みは、スキーにつれてって欲しい」と頼まれていた。口数の少ない息子からの希望に嬉しく思っていたところ、病気が発覚。家族に悪性リンパ腫であることを告白した時、三男の第一声は「僕とスキーには行けないの?」だった。

次ページ
■ただ一度泣いた理由は…