志村けん、氷川きよしと久々に再会して一言 「なんか雰囲気が…」

氷川きよしが『志村けんのバカ殿様』に出演。志村が氷川に「雰囲気が変わった」と声をかけた。

エンタメ

2020/01/09 19:20

歌手の氷川きよしが、8日放送の『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)に出演。志村と久々の再会を果たした。



 

■新しい自分を表現したい

『きよしのズンドコ節』を熱唱ながら登場した氷川。志村とは長い付き合いだが、会うのは久しぶりとのこと。志村は氷川の装いを見て、「氷川くん、なんか雰囲気が変わったね」と問いかける。

すると、氷川は「新しく自分を表現したいなと思いまして」と回答。中世的なカツラと着物は、8月から明治座で行われる舞台『氷川きよし特別公演』の衣装だと話した。


関連記事:氷川きよし、デビュー20周年で『限界突破』宣言 「私は自分自身に負けません!」

 

■志村とは20年来の付き合い

ふたりの初対面は氷川のデビューイベントらしく、それから20年が経ったそう。氷川はそんな時の流れを、「もう43歳になりますから。あちこち痛くなりますね…」と笑いを誘った。

志村は氷川のコンサートで披露される楽曲が、演歌、アニメ曲、洋楽などバラエティーに富んでいること、様々な衣装替えを行っていることを絶賛する。

氷川は「男になったり女になったり、いろんな歌の主人公を演じていると、すごく自分も楽しいですし。色とりどりな氷川きよしを表現したいなと思います」と語った。


■視聴者からは「生き生きしてる」

氷川の『バカ殿様』出演に、視聴者からは歓喜の声が続出。ツイッターでは、「きーちゃん生き生きしている」「ノリもいいしアドリブもできるし面白い」などのコメントが書き込まれている。

また、志村が氷川に「雰囲気が変わった」と声をかけたことに対し、「私は今のほうが好き」と意見を述べる人も見られた。

新しく一面を見せ、どんどんと新しいファンを獲得している氷川。今後のますますの活躍が楽しみだ。

・合わせて読みたい→氷川きよし、私服時の髪型が意外すぎる 「モデルみたい…」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも