ウクライナ機撃墜を認めたイラン 「防空部隊と民間部門がうまく連携せず」と指摘も

ウクライナ機墜落事故は、やはりイランによる誤ったミサイル攻撃が原因だった。

社会

2020/01/11 15:40

イラン・ミサイル
(AlexLMX/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今月8日、ウクライナの首都キエフに向け、乗客乗員176人を乗せイランの首都テヘランの空港を飛び立ったウクライナ国際航空の旅客機が、離陸直後に墜落した。

この件に関し、「イランが誤って撃墜したのでは」との疑いを強めた欧州各国。ここにきて、やはりミサイル攻撃があったことをイラン側が認めた。



 

■ミサイルでの撃墜を認めたイラン

Twitterを利用し、「なんと悲しい1日。ヒューマンエラー(人為的ミス)のせいで、意図せずウクライナの旅客機が撃墜された」と綴ったイランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外相。

そこには英語で、混乱、大惨事、後悔、悲劇、哀悼、謝罪といった言葉も綴られた。

ただし、そのエラーについては「アメリカの軍事的冒険がもたらした、ここ数ヶ月にわたる強い緊張がすべての引き金」と釈明。アメリカにも責任があるとやんわり批判した。


関連記事:イランが「ドバイを攻撃する」と警告 ドバイ在住者3人に現地の様子を聞いてみた

 

■革命防衛隊本部が近くに

イラン軍はその数時間前にイラクにある米軍の拠点を攻撃しており、アメリカ側がイランへの反撃を警告するなど両者の間には当時きわめて強い緊張が募っていた。

イラン国境付近を飛ぶ米軍の飛行物体が数を増していたなか、ウクライナの旅客機が旋回する際にイランの軍隊組織の一つ「イスラム革命防衛隊」指令本部のすぐ近くを飛んだことも、混乱を招いた大きな原因だとイラン側は釈明している。

次ページ
■中東やイスラエルの報道は…

この記事の画像(1枚)