現役千葉大生ナックルボーラー・佐野太河 ナックルにこだわる理由とは

千葉大学に通いながら、メジャーを夢見て練習に励む佐野太河投手。ナックルを武器に挑み続けている。

佐野太河

NPB(日本野球機構)のドラフト会議で指名を受けた活躍選手を出身大学別で見てみると、多くは私立大学出身。国立大学出身の選手はほんの一握りだ。

昨年おこなわれたドラフト会議では、中日ドラゴンズが名古屋大学の松田亘哲投手を育成1巡目で指名。同大学からNPB選手が誕生するのは史上初の出来事で、話題を呼んだ。

だが関東には、メジャーリーガーを志す国立大学生が日々練習を重ねている。佐野太河投手(3年)だ。千葉大学に通いながら、武器であるナックルボールに磨きをかけている。

1998年、佐野は静岡県浜松市に生まれた。小学2年時にソフトボールをはじめ、中学から硬式野球に。当時のポジションは内野手だった。

「中学時代は内野手でしたが、遊びとして中学の頃にナックルを投げたことがあります。中学時代のチームメイトで、同じく内野手の子がナックルを投げてて、軽くコツを教わったり。自分でも投げたいと考えたことはありました。大学に入ってから、本格的にナックルを投げ始めました」

中学卒業後は、地元・浜松南高校に進学。大学受験で千葉大学の法政経学部法政経学科を受験し、見事現役合格を果たす。当時はプロを意識せず、就職希望と家庭事情を鑑みて進学先を選んだという。

「家庭の経済事情と、どこで就職をしたいか考えたとき、東京に。それなら関東の国公立で、学力と照らし合わせて千葉大学にしました。(大学でも)野球をしたいと思いましたが、関東の私立だとレベルが高くてついていくのが厳しいと思い…」

次ページ

この記事の画像(2枚)