訪ねてきた大家の顔に排泄物をかけた女 「部屋の中を見られたくなかった」

大家による目視点検はやはり緊張するもの。しかし、いくらなんでもコレはないだろう。

2020/01/12 09:40


 

■定期点検を予告済み

しかし事件当日、大家がトレーラーハウスを訪ねた理由は家屋に破損箇所がないか点検するためで、事前の予告もしてあった。

取り調べでは「大家に室内を見られたくなかった。見ればきっと立ち退きを命じられると思った」と供述した女。入室を妨げようと、トイレのバケツに溜めてあった大量の排泄物を大家の顔にかけたことを認めた。


関連記事:生後3ヶ月の乳児がビニール袋で窒息死 寝かしつけた祖母も眠り込み…

 

■呆れる郡保安官事務所

郡保安官事務所の保安官代理は記者会見で、「長い間この仕事をしてきましたが、このように呆れた暴行事件に遭遇したのは初めてです」と語っている。

65歳以上の者に対する暴力はより罪が重くなるフロリダ州。女の身柄はヴォルシア郡拘置所から保釈されたものの、大家の訪問を知って撃退のためわざとバケツに排泄物を溜めておいたのか、計画性の有無にまで注目が集まっている。

・合わせて読みたい→愛犬ラブラドールを思わず殺してしまった女 心の余裕を失わせたものとは…

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

アメリカ賃貸物件不潔侵入排泄物住居侵入不法侵入点検バケツ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング