義実家で年末年始を過ごした女性 食後目撃した光景に「耐えられない」

年末年始、義実家で割り箸を洗って再利用することが耐えられないと嘆く投稿者。しかしその風習は正しいもの…?

話題

2020/01/12 07:45

老夫婦
(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分が育った家庭では当たり前だと思っていたことが、人によっては受け入れがたい場合もあるだろう。女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、「義実家が割り箸を洗って再利用する」というトピックが話題になっている。



 

■割り箸の再利用に抵抗

年末年始に義両親の実家で過ごしたという投稿者は、「どうしても耐えられない」事があるという。それは、割り箸を洗って再利用すること。

お正月におせち料理やお雑煮を食べる際に利用する祝箸のことを指しているようだが、「お義父さんが使ってたのかも…」と考えると食欲が失せてしまうと語る。

夫と子供はためらうことなく利用しているそうだが、疑問に思う投稿者は「みなさん、どう思いますか?」と問いかけた。


関連記事:ダルビッシュの箸の持ち方に賛否 「まさかのトレンド入り」果たす

 

■祝箸の使い方としては正しい

この投稿を受けて、一部のユーザーからは「割り箸はさすがに再利用したことないや…」「無理。箸持参したいレベル」と共感する声が寄せられている。

祝箸の本来の使い方としては正しいかもしれないが、「誰が使ったかわからない」という点に関してはどうしても抵抗感があるようだ。


■約3割が「潔癖の自覚あり」

家族で使ったものは再利用した経験がある人も見られた今回の件。しかし、衛生面を考えると心配な部分もあるだろう。

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,387名を対象に調査を実施したところ、全体の33.4%が「潔癖だという自覚がある」と回答している。

潔癖

抵抗を感じるようであればマイ箸を持参するか、新しい箸をプレゼントしてみては、といった意見も寄せられた今回の件。投稿者はどのような決断を下すのだろうか。

・合わせて読みたい→爆食女王・アンジェラ佐藤、飛行機内での“お弁当”がスゴすぎる…

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名(有効回答数)