張本勲氏、ドイツの歴史的競技への「面白くもない」発言が物議

『サンデーモーニング』で張本勲氏が、ドイツの歴史的スポーツ”ツリー投げ”を批判し物議。

スポーツ

2020/01/12 10:00

張本勲

12日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)では、スポーツ解説者の張本勲氏がドイツの歴史的競技を批判。その内容が、ネットで物議を醸している。



 

■「なんかつまらない」

その競技とは、”クリスマスツリー投げ”と呼ばれる少し変わったもの。その名の通り、ツリーとして使用されるもみの木を投げ、どこまで遠くに飛ばせるかを競うという内容。

高投げ、やり投げ、回し投げの3種類があり、それらの総合得点で優勝者が決まる。試合の最後には使われた木を燃やし、参加者らで囲んで楽しむのだという。

これを受け張本氏は「なんかつまらない、面白くもない競技だねえ。もみの木大事に管理したら来年も使えるのに」と一喝。「もっと面白い競技考えればいいのに」と批判が止まらなかった。


関連記事:張本勲氏、フリースタイルスキー女子への「何が面白い?」発言が波紋

 

■「伝統的行事を批判するのは…」

この大胆な発言が、ネット上で話題に。「ちょっと言いすぎでは…?」「国の伝統的行事を批判するのはまずい」といった批判的な声のほか、「バッサリいきすぎてて笑った」などいつもの張本節を楽しむ声も。

また”クリスマスツリー投げ”という一風変わった競技については「ちょっとやってみたい」「やり投げならできそう」と興味津々な視聴者のコメントも見られた。


■張本勲氏に視野を拡げてほしい?

野球界に偉業を残したことは言うまでもなく、引退後の的確で鋭い解説が話題の張本氏。一方で、野球以外のスポーツに関しては、今回のように辛辣なコメントを呈することも…。

しらべぇ編集部が全国10~60代の張本勲氏を知っている男女1,110名を対象に調査を実施したところ、全体の4割弱の人が「野球評論家の張本勲氏にはもっと視野を拡げてほしいと思う」と回答する結果に。とくに男性にその傾向が強く表れた。

野球評論家の張本勲氏にはもっと視野を拡げてほしいと思う

批判を重ねながらも、最後には「(火を利用して)焼き芋かなんかすればいいのに」と笑いを誘うことも忘れない張本氏。このようなコメントの緩急も、ベテラン解説者としての魅力のひとつなのかもしれない。

・合わせて読みたい→張本勲氏、室伏広治氏のトレーニングを全否定し物議 「なんの意味もない」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10~60代の張本勲氏を知っている男女1110名(有効回答数)