マウンティングした経験はある? 本当に高収入の人は…

マウンティングをしたことがある人はどれくらいいるのだろうか。

社会

2020/01/13 19:00

腕を組み
(byryo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

他人より自分が優位に立つことを誇らしげに語ったり、示す「マウンティング」。恋人ができた、有名大学に合格できた、一流企業に就職できた…など、人によりマウンティングをする理由はそれぞれ。

だが実際、どの程度の人がマウンティングをしたことがあるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■多くの人は謙虚?

しらべぇ編集部が、全国の10~60代の男女1733名を対象に調査したところ、全体の13.5%が「マウンティングをしたことがある」と回答した。

マウンティングの調査

多くの人は、自分が優位に立っていたとしても、それを誇示することはせず、謙虚なのだろう。なお、男女別では男性14.7%、女性12.5%。大きな差は見られなかった。


関連記事:自慢話は嫌われる? 40代は7割の人が自慢話を聞くことを苦に感じている傾向も

 

■10代男女が最多

さらに、年代別に見ると、10代男女が2割半ば前後。

マウンティングの調査

恋人ができたり、偏差値の高い大学に進学など人生の大きな出来事が多いだけに、ついマウンティングをしてしまうのだろうか。


■本当の高収入は見せびらかさない?

年代別でも見ていく。高年収ほどマウンティングをしがちかと思いきや、違う。1,000万円以上は最も低い12.5%であるのに対し、700万~1,000万円未満が最多の26%。

マウンティングの調査

本当に高収入の人はもはやマウントをとることに興味がないのかもしれない。

・合わせて読みたい→キャッチボールをしたことがある? 最多は10・50代男性

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10~60代の男女1,733名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)