16歳の少年が恋人を殺害 「妊娠をなかなか教えてもらえず…」

恋人が妊娠したものの、「中絶は無理」と聞かされ殺害した少年。1月7日、少年に懲役65年の実刑判決が言い渡された。

社会

2020/01/13 09:00

高校生カップル
(joka2000/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

少年が同じ高校の同級生と男女の仲に。彼女が妊娠しているとわかると、父親になりたい気持ちはまったくなかったため、驚き困惑した。その末に選んだ少年の行動は、あまりにも残酷だった。



 

■チアリーダーとの交際

米国・インディアナ州で暮らす、当時16歳の少年は、2018年12月に妊娠6ヶ月の彼女が死体で発見された後、殺人などの罪で起訴された。

フットボールに熱中する一方で恋愛にものめりこんだ少年と、チアリーダーとして活躍していた彼女は、しばしの交際を経て子を身ごもる。しかし、少年はパパになりたい願望がなく、彼女は妊娠についてなかなか言い出せずにいたようだ。


関連記事:「10歳のパパ」はとんだ濡れ衣だった 15歳少年に強姦されていた少女

 

■妊娠を告白した少女

それでも妊娠をずっと隠しておくことは不可能なため、少年に妊娠を告白。しかもすでに中絶はできないほど、赤ちゃんが育っていると話したところ、驚いた少年は激しい怒りを爆発させた。

口論になった少年は、殺すしかないと決意し、彼女の心臓を深く刺して殺害。彼女のスマホと殺害に使った凶器を川に捨て、遺体は袋詰めにしてレストランの裏にあったゴミ容器に遺棄した。

次ページ
■身柄を確保された少年

この記事の画像(1枚)