SNSに「デブ」と書いた相手の家に押しかけドアを破壊 女が裁判沙汰に…

確かに言われるとむしょうに腹が立つ、「デブ」という言葉。それでも女の怒りはあまりにも激しかった。

社会

2020/01/13 17:40

友人トラブル
(Ranta Images/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

友達だったはずの女性同士の関係が、「デブ」という言葉のせいで完全に破綻した。傷ついた女は逆上して相手の家に怒鳴り込み、罵声を飛ばしながら大暴れするありえない行動に出た。



 

■徐々に壊れていった友情

英国・ウスターで暮らす女が、昨年11月、友人宅の前で暴れまわり、家を破壊する事件が発生した。

ふたりが初めて本格的にもめたのは、女の知人が友人の元恋人と交際を始めたときだった。これに嫉妬したのか友人は腹を立て、嫌悪感をあらわに。ついには悪口をSNSにまで書き込むようになった。


関連記事:がん患者を万引きで収監 「受診の許可を!」と地元政治家が裁判所を批判

 

■「デブ」という言葉に逆上

友人が「このデブ」さらに「薬物を常用しているくせに」との投稿に気付いた女は逆上。友人宅に向かいドアを飛び蹴りし、その衝撃でドアの半分に大きな亀裂が入った。

さらに女は友人に向かって「あんたなんか肌が汚いくせに」とあたかも小学生のような悪口まで放ったとのこと。「あんたなんか、ボコボコにしてやる」「さっさと出てきなさいよ!」などと叫び続けた後、ようやく気が済んだのかその場から去っていったとされる。

次ページ
■動画に残っていた女の姿

この記事の画像(1枚)