不妊治療医が訴えられる 自分の精子を30年にわたり体外受精に使用した疑い

「妊娠・出産が叶った時は医師が神様に見えた」と表現されることすらある不妊治療だが…

社会

2020/01/13 13:00

不妊治療・医師
(Tero Vesalainen/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いったん決断したら、高いお金を投じながら辛抱強く向き合っていくことになる不妊治療。そこでは医師との信頼関係が何より重要になる。説明と異なる行為を医師が極秘のうちに行なうなど、あってはならないことだ。



 

 

■匿名ドナーの精子のはずが…

米国コロラド州在住の姉妹2名が、グランド・ジャンクション市で不妊治療クリニックを経営するポール・ブレナン・ジョーンズ医師に対する民事訴訟を起こし、波紋を広げている。

2人は「私たちの生物学上の父親は母の不妊治療を担当したジョーンズ医師、あなただ。匿名のドナーが提供した精子が使用されると説明され、母はその代価を支払ったにもかかわらず、あなたは他人の精子ではなく自分のものを使用した」と主張している。


関連記事:キンタロー。妊活背景に夫の無精子症 救われた「医師の言葉」に感動

 

■DNA検査で意外な事実が判明

姉妹の姉は1980年に生まれ、妹は1985年に生まれた。2人が提訴に踏み切ったきっかけは、DNA検査で得られた遺伝子マーカーを入力することで自分の祖先系統を探り、親族を探してくれる有料サービス「AncestryDNA」を利用したことだった。

姉妹の母親は当時ジョーンズ医師のもとで不妊治療を受けていた。

体外受精にはそれぞれ「弁護士から」「医師から」と異なる男性から提供された精子が利用されると母親は説明されたにもかかわらず、「AncestryDNA」を利用したことによって姉妹の生物学上の父親が同じ人物であることを知ったという。

次ページ
■異母きょうだいが多数存在

この記事の画像(1枚)