「いじめに苦しむ娘のために」 校長に会いに行った母親を少女らが襲撃

どうしてここまで少女たちは暴走したのか。警察も介入した暴行事件の解明に向け、学校も捜査に協力している。

社会

2020/01/13 17:20

突然の無視
(PRImageFactory/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

なかなか解決しない学校でのいじめ問題に苛立ったある母親が、「こうなったら校長と話すしかない」と意を決して学校に向かった。しかし学校に到着するなりいじめ加害者とされる少女らが母親に襲いかかり、鼻の骨が折れるほどの怪我を負わせた。



 

■高校に向かった家族

高校に通う娘(16)がいじめに悩んでいると知り、胸を痛めていた女性が米国・カリフォルニア州にいる。苦悩した母親は「こうなったら校長先生に直接会って話がしたい」と望むようになり、先日ついに娘、そして娘の父親を伴い学校に向かった。

しかしこの予定に関する情報が加害者である少女らに漏れ伝わっていたらしく、彼女たちは一家を待ち伏せ。学校に到着したことを確認するなり襲いかかり、壮絶な暴行に及んだ。


関連記事:いじめで重傷負った被害児童・目撃した姉が不登校に 「人生狂わされた」と母が涙の訴え

 

■激しい暴行

「あんたたち、こんな所まで来て何をする気よ?」などと大声を張り上げたいじめ加害者らのうち、一名が母親にとびかかり凄まじい暴行を加え始めた。このとき髪をつかまれ地面に叩きつけられた母親は、殴る蹴るなどの暴行を加えられたほか、思い切り踏みつけられるという被害も受けたという。

この暴行ゆえに母親の鼻の骨は折れ、顔面も内出血で黒ずみ眼球も真っ赤に。激しく殴られ蹴りつけられた体には、切り傷やあざが多数できたという。

次ページ
■搬送された女性