リン・チーリンと結婚したEXILE・AKIRA 台湾でのあだ名は「国民のお義兄さん」

LDHグループが訪台。AKIRAの新たなあだ名が判明。

エンタメ

2020/01/13 05:00

EXILEのAKIRAをはじめとするLDHに所属するメンバーらが12日、台湾で行われる旧正月のスペシャルライブ『超級巨星紅白芸能大賞』の記者会見に出席。

ライブへの意気込みのほか、人気モデル・リン・チーリンと昨年結婚したばかりのAKIRAが、台湾では「国民のお義兄さん」と呼ばれていることについて語られている。



 

■LDH流「飲みニケーション」を台湾に紹介

一通り挨拶を終えた後、現地の記者に「台湾でやりたいことは何ですか?どこにメンバーを連れていきたいですか?」と問われた一行。

AKIRAは「台湾ビールを飲む」「小籠包を食べる」と流ちょうな中国語を披露しながら、日本語で「みんなで美味しいもの食べて、お酒飲んで、久々に15人集まったので海外でのパフォーマンスを短い時間ではありますが楽しみたいと思います」と回答している。

そしてお酒の話題になったところで、ATUSHIが「飲みニケーション」文化を紹介。LDHなりの後輩たちと仲良くなる秘訣だと話し、大きな笑いを誘っていた。


関連記事:鬼龍院翔、台湾旅行をするも「人気スポットは行ってない」 その理由は…

 

■台湾でライブをするきっかけは…?

また、台湾でパフォーマンスを行うことになったきっかけは何かという質問に「結婚しかないんじゃないですかね!」とメンバーがAKIRAをイジる一幕も見せられた。

台湾出身のモデル・リン・チーリンと6月に結婚し、幸せいっぱいの彼は「AKIRAさんのために台湾行くよ!と皆(メンバーたち)が言ってくれた」と笑顔。

今回のパフォーマンスのためだけに音源を作り直した為、とても見ごたえのあるステージになると宣言している。

次ページ
■AKIRAは台湾国民の義兄