Matt加工、本人の手間がかかりすぎ? 「オーダーがありすぎて…」

Mattが『バゲット』に出演し、オファーが殺到している現状についてコメントした。

Matt

タレントのMattが14日、情報番組『バゲット』(日本テレビ系)に出演。一大ブームとなっている「Matt化」について言及した。

今や芸能人やテレビ局からもオファーがやってくるMatt化だが、本人は少しお疲れ気味のよう…。



 

■大反響だったMatt化写真

Mattは、父の桑田真澄とともにPRイベントに出演。取材に来ていた青木源太アナウンサーから、「どうしても見せたいもの」として、かつて青木アナをMatt化した写真を見せられた。

メークまで施した写真は、青木が19年にインスタグラムへ投稿した写真の中でもっとも反響があったという。そのうえで、青木アナはトレンドになりつつある「Matt化」について、本人に質問をぶつけていく。


関連記事:Matt、貴重なスッピン姿公開! 加工無しでも「きれい」「かっこいい」

 

■Matt化のオーダーにどう対処?

「Matt化のオーダーが殺到しているのではないか」との質問に、「本人からも来るし、テレビ局からも来るので…」とMatt。あまりにもオーダーがの数が多すぎるため、「オーダーがありすぎて毎晩加工…」と少し困り顔でコメントした。

反響は大きいものの、その分本人はかなり大変な思いをしているようだ。しかし何でもかんでも加工するわけではないのが、彼のこだわりのよう。


■父は加工しない

今まで数々の芸能人をMatt化してきたが、唯一加工を施さなかった人物が。それは、彼の父親・桑田だ。今回の出演にあたっても、Mattは青木を含めたスリーショットを撮影しスタジオで公開されたが、その写真も桑田だけ加工が施されていなかった。

これについて青木は「真澄さんはMatt化しないのが、桑田家のポリシーだそうです」と説明。スタジオでも、「そうなんですね」など納得の様子だった。

・合わせて読みたい→Matt、伊藤英明に遭遇し言われた言葉 「まさか…!」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部