松岡修造、独断で教卓へ隠れ受験生にサプライズ 「自分を信じろ!」

松岡修造が、都内予備校で開催された受験生応援イベントに登場。自身の体験や熱いメッセージを贈り、彼らの合格を祈った。

14日、元プロテニス選手でタレントの松岡修造が、東京・池袋の大手予備校で行われた「C.C.レモン受験応援イベント2020」に登場。受験を控える学生たちに、修造流の激アツなエールを贈った。


画像をもっと見る

 

■独自の演出

松岡修造

教卓の横にあるパネルからひょっこり顔を出し、「C.C.レモン元気応援SONG」を歌いつつ姿を現した松岡。

当初の段取りでは歌いながら袖から登場するという演出だったが、「それでは受験生たちを喜ばすことができない!」と、独断で教卓の下に隠れることを決断。学生たちが入室している約10分間、息を殺して小さく丸まっていた。

松岡修造

歌が終わると受験前で不安を抱える学生たちに、自身の体験や克服法を熱く語り、時には「君はどう思うんだ!?」と学生に聞いて回るなど、ハイテンションでトークを展開した。


関連記事:東進ハイスクールの人気講師逮捕 『ゴロゴ』の回収見通しを書店に聞いた

 

■会場からは歓声

松岡修造

自分の能力を出し切るための方法を語った約15分の“特別講義”では「苦しい時こそ、ガッツポーズだ!」「心の呼吸、心呼吸をしよう。大坂なおみさんも大会の時、そうやってリラックスしていた!」「自分を信じろ!」と修造節を連発。

その都度会場から拍手と笑いが起こり、当初は緊張気味だった学生たちも次第に笑顔に。

最後は「君たちはまさにレモン。フレッシュで、自分の全力を絞り出せるんだ。誰だってネガティブで弱い。僕だってそうだ。だからこそ前向きな自分を信じないといけない」と熱弁し、講義を終えた。


■知られざる姿

松岡修造

イベント開始の20分前、高まる気持ちが抑えられなかったのか突然会場に現れていた松岡。取材陣が機材の準備をする中、現役さながらの素早いステップを左右に踏んで動作を確認し、本番に備えていた。

さらに会場にいた記者陣に対し「ハプニングが起きちゃったら大変だから(下見に来た)。皆さん、まだ休んでいてください!」と気遣いも。イベント前から超本気モード、さすが日本を代表する熱い男である。

・合わせて読みたい→弘中綾香アナ、受験生に向け応援投稿 「笑顔が素晴らしい」「元気出る」

(撮影・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(13枚)