渋野日向子、始球式にタジタジ? 稲葉監督も「フォームが良い」

第54回ビッグスポーツ賞が都内で行われ、女子ゴルフの渋野日向子選手らが出席した。

瀬戸大也・渋野日向子・稲葉篤紀

10日、19年にスポーツの世界で活躍した選手や団体を表彰する『第54回ビッグスポーツ賞 表彰式』が都内にて開催された。表彰式には女子ゴルフの渋野日向子選手や競泳の瀬戸大也選手らが登壇した。


画像をもっと見る

 

■高木美帆、世界野球日本代表も選出

ビッグスポーツ賞には渋野、瀬戸以外にもスピードスケート女子の高木美帆選手、世界野球プレミア12日本代表、バドミントンの桃田賢斗選手が選出されている。19年のスポーツ界で優れた成績を残した個人や団体を表彰する賞だ。

このほかにもスポーツクライミングの野口啓代選手らが選ばれたビッグスポーツ五輪奨励賞や女子テニスの大坂なおみ選手らが受賞したビッグスポーツ特別賞などの部門が設けられた。


関連記事:ラグビー・山中亮平、ファッションで表彰も… 姫野和樹のイベント欠席に「残念」

 

■今年初の公の場だった渋野

昨年、「スマイリングシンデレラ/しぶこ」が流行語大賞のトップ20に選ばれるなど旋風を起こした渋野にとって表彰式が今年で初めての公の場だ。

表彰式では青木翔コーチとともに登壇。なんとスイングまで披露するなど大盤振る舞いだった。「これ以上ないなという1年でした」という渋野だか、今年からもさらなる活躍をしてもらいたいものだ。


■始球式も行う

稲葉篤紀

イベントでは渋野、世界野球プレミア12日本代表の稲葉篤紀監督、瀬戸らが揃って登場。彼らは「東京オリンピックの金メダル候補」として挙げられた。

また渋野がソフトボール元日本代表監督の宇津木妙子を捕手に始球式を行った。見事ストライクを決めて稲葉監督からは「フォームが良いですね」とコメント。この1球を糧に五輪代表、そして金メダルを獲得してもらいたい。

・合わせて読みたい→張本勲氏、ジャンプ・高梨沙羅選手に苦言 「物足りない」「2位もビリも一緒」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部 撮影/KEN)

この記事の画像(63枚)