枕缶のコンビーフが70年以上の歴史に幕 「在庫がなくなり次第終売」

『ノザキのコンビーフ』の枕缶の70年以上の歴史に幕を閉じるわけとは…

話題

2020/01/15 15:20

(提供 川商フーズ)

国産コンビーフの第一号として1948年6月に発売した『ノザキのコンビーフ』が、70年以上にわたる枕缶の歴史に幕を閉じることを、15日に公式ツイッターで発表。

インターネット上にも激震が走っており、しらべぇ取材班は、その背景などについて発売元から詳しい話を聞いた。



 

■惜しむ声が相次ぐ

「大切なお知らせ」と題し、公式ツイッターは「この春、台形の枕缶に入ったコンビーフの販売を終了いたします。 枕缶での販売開始から70年、製缶等製造ラインが限界に来ており、 このような決断となりました」と発表した。

衝撃的な発表に、早速カシオ計算機公式アカウントが「そっか… 残念ですけどしかたないですね。それにしても70年!!すごいなぁ!」と反応するなど、名残惜しむ声が相次いでいる。


関連記事:デヴィ夫人、イッテQの裏側を公開 「出川哲朗に励まされて…」

 

■製造ラインが老朽化で限界

発売開始当初はびん詰だったが、その2年後に台形型でクルクルと回しながら開ける「巻き取り鍵」が特徴の、いわゆる「枕缶」のコンビーフに。

発売から約70年たった現在では、コンビーフといえば牛のマークがついた「台形の缶詰」として定着した。発売元の川商フーズ担当者によると、販売終了の理由は「工場内の製缶等ラインが老朽化で限界に来ている」ためだという。

100gの枕缶は、世界中でも日本にしかなく、コンビーフにしか使われない特殊な缶型。缶はタイから輸入し、日本で加工されていた。今回、工場のラインをリニューアルし、コンビーフも新しく生まれ変わるそうだ。

次ページ
■新パッケージもお披露目

この記事の画像(2枚)