『ヒルナンデス』春日の手作り作品 まさかの金額で売却され騒然

オードリー・春日俊彦が、初めて作った毛糸作品を匿名で販売。まさかの展開に驚きの声が相次いでいる

エンタメ

2020/01/15 16:00

オードリー・春日俊彰

15日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、オードリーの2人が出演。以前同番組の企画で製作した春日俊彰のハンドメイド作品が、驚きの価格で売れたことが明かされた。


 

■アクリル毛糸でたわし作り

以前の放送にて、ハンドメイド作品を販売する女性の元を訪ね、アクリル毛糸を使った「洗剤のいらないたわし」を手作りしていた春日。

編み物は初めてだったという春日だが、講師の丁寧な指導のおかげもあり、自身のキャラクターを活かした、プロテイン用の「シェイカー洗い」という大作を作り上げた。


関連記事:オードリー春日、現状を「やってられない」 密着取材で漏らした本音に「闇が深い」の声も

 

■1,600円で売れた

春日の他にも、松本明子、西郷輝彦も同じくハンドメイド作品を匿名でフリマアプリに出品。残念ながら松本の作品は売れず、西郷が手掛けた「いくらの軍艦巻きたわし」は900円で売れたという。

そして、春日の「シェイカー洗い」は1,600円という強気の価格設定だったのだが、販売から10日で売れたというのだ。

購入者は30代の女性で、番組の取材に「主人が筋トレを始めたので。何かプレゼントしようと思っていたところ、作品から筋肉に効きそうな妙なオーラが漂っていたので思い切って購入しました」とコメント。

春日は「ありがたいね、本当に…何で買ってくれたのよ」と購入者の女性に感謝した。


■約2割がフリマアプリを活用

まさかの展開に、視聴者からは「春日? 売れたよ!!」「1,600円は高すぎる」など様々な反響が。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代のスマホを持っている男女1,345名を対象に実施した調査では、全体で約2割の人が「フリマアプリを使ったことがある」と回答している。

フリマアプリ

 オリジナリティ溢れるハンドメイド作品の売買も人気となっているフリマアプリ。もしかしたら、今回のように有名人にゆかりのある品も販売されているかもしれない。

・合わせて読みたい→オードリー春日、浮気発覚で芸人引退も決意 「金で解決しようと…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代のスマホを持っている男女1345名 (有効回答数)