重大事件が起きても「テレ東がアニメを放送する理由」にネット騒然

『ありえへん∞世界』事件が起こったときもテレビ東京がアニメを放送する理由とは…。

エンタメ

2020/01/15 19:20

テレビ
(gpetric/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

14日放送の『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)でテレビ東京の謎にまつわる企画を放送。大事件が起こっても、なぜ同局ではアニメを放送してきたのか理由を明かした。



 

■各局が緊急特番を放送するなか…

番組では、「テレビ東京55周年を勝手に振り返る」をテーマにトークを展開。1991年1月17日に湾岸戦争が勃発した際、各局が緊急特番を放送するなか、同局はアニメ『楽しいムーミン一家』を放送していた。

こういったケースが何度も起こったため、ネット上では「またテレ東か」「ブレない姿勢がスゴイ」と話題になることがたびたびあった。


関連記事:イモトアヤコ、もしアナザースカイに出るなら… 「候補地の数」に驚き

 

■理由が切実すぎる…

しかし、これには切実な理由が。社会的に重大な事件や事故が起こったとしても、「テレ東は人手も予算も少ないため緊急報道に切り替えることがなかなかできない」とのこと。

「やらない」ではなく、「できない」だけだったよう。同番組では、そんななかでも同局が捉えた貴重なスクープ映像を放送していた。


■ネット上でも驚きの声

切実な理由を受け、ネット上では「初めて知った」「ポリシーじゃなかったの」「そんな理由で!?」と驚きの声があがった。あえてアニメを放送していたと思っていた視聴者は少なくないようだ。

また、「それでもいつも通りアニメ等放送してくれるのは和むけどね」「こういう局があるべきだと思う」「子供の頃はとても助かった」と称賛する声も寄せられている。


圧倒的なまでの親しみやすさで、多くの視聴者から愛されてきたテレビ東京。ブレない姿勢を貫いてほしいが…。

・合わせて読みたい→『ヨルヤン』で内容がピンとくる? 生見愛瑠MCの新番組が始動

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一