『ねほぱほ』元闇金業者が登場し実態語る 「ミナミの帝王は良心的」発言に衝撃

『ねほりんぱほりん』(NHK)に元闇金業者が登場…。

エンタメ

2020/01/16 08:40

ねほりんぱほりん

15日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)には、元闇金業者の男性が登場。闇金の裏話を語る一方で、闇金をテーマにしたある漫画について言及し、視聴者の間では話題となった。



 

■萬田金融は「良心的」

元闇金業者の男性は、関西方面で3年間闇金業を経営していた過去を持っている。なお、闇金業からは15年前に足を洗ったそうだ。

「3年間で1億円以上は稼いだ」と語る男性に、YOUは「絶対チャカとか持ってたでしょ?」と質問。「いやいや!」と否定した直後、男性は「監禁したりはしましたけどね」と、恐ろしい過去を暴露している。

男性は『闇金ウシジマくん』について「漫画の世界そのものですよ」と語り、10日で1割の利息を指す「トイチ」という言葉が出てくる『ミナミの帝王』については「優しい、良心的な漫画ですよね」と発言し、南海キャンディーズ・山里亮太とYOUの笑いを誘った。


関連記事:松本人志が考えた『今年の漢字』に視聴者驚き 「さすがです」

 

■改めて恐怖する視聴者も…

男性いわく、ミナミの帝王が「良心的」だったことに、視聴者からは「意外と良心的だったという衝撃の事実」「良心的って言う言葉に一番衝撃受けた」と、驚く声が続出。

その一方で、「ミナミの帝王が甘い世界て実際はもっとエグいんだろな」と、恐怖する視聴者も相次いだ。


■借金がある割合は?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に調査を実施したところ、全体の15.2%が「借金がある」と回答。

「返せる」という保証がなければあまり借金はしない方が良いが、生活に行き詰った場合やお金が足りなくなってしまった場合、そういう訳にもいかない…。

闇金について語られた今回。多くの視聴者は、闇金から「お金を借りる」ということに恐怖を抱いたことだろう。

・合わせて読みたい→バカリズム、“心の闇4”から3人目の結婚 「令和ヤバイ」「すげえ」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)