滝川クリステル、第1子出産 「直前のインスタ投稿」に感動広がる

滝川クリステル、小泉進次郎環境相の間に、第1子となる男児が誕生。祝福の声が寄せられている

エンタメ

2020/01/17 13:00


 

■出産直前まで社会貢献活動

View this post on Instagram

アニマルウェルフェアに則った犬猫の殺処分ゼロを目指す動物病院のご支援をお願いします! 詳細は、「クリステル財団 クラウドファンディング」で検索をお願いします。 https://shopping.nikkei.co.jp/projects/cve 9月末から開始したクラウドファンディングも残り2週間となりました。  是非皆様からご支援いただき、この企画を成功させ、 本企画に賛同してくださったフォスター動物病院を支援し、これからそのような素晴らしい活動をする動物病院が増えるきっかけを作ることができればと思います。残り35万円で達成します! お力添えよろしくお願いします🙏    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 フォスター動物病院のご紹介 Vol.02 〜複雑骨折したコーダ君を手術し、譲渡に繋げたJAMCシェルタークリニック〜 宮古島のシェルターにいる時から骨折の疑いがあったものの、島には手術可能な動物病院が無く、積極的な治療が行われずにいた保護犬がいました。 名前はマグリー君(のちにコーダ君)と言います。宮古島の保護犬を飛行機で運ぶバケボラ(Baggage Volunteer)をしていた日本動物医療センターの上野弘道院長の目に止まり、 自身の病院で預かり手術を行うこととなりました。 レントゲンを撮ってみると、複雑骨折している上に、折れた骨が皮膚を突き破る寸前であること。 また足だけでなく尻尾も骨折していることが分かりました。 設備が整った病院で、十分なケアを受け退院したコーダ君は、犬の訓練士をしている飼い主さんの元へと譲渡され、リハビリを続けた結果、走る事ができるまでになりました。 保護犬を対象にした特別価格でも、約50万円かかる大手術でした。 譲渡の際に、このような多額の医療費を新しい飼い主さんから負担いただくことは難しく、フォスター動物病院や保護主である個人ボランティアさんからの持ち出しとなっています。 このシェルター動物病院を応援するクラウドファンディングは、このようなケースにも対応しておられる動物病院を支援することで、 一頭でも多くの保護犬、保護猫とご家族がこれからも幸せになることを目指しています。 皆様からのご協力をよろしくお願い申し上げます。 ※コーダ君は、今ではすっかり元気になっています! #クリステル財団#christelvieensemblefoundation

A post shared by 滝川クリステル (@christeltakigawa) on

また、滝川のファンからは彼女が出産2日前の15日に更新していた、インスタグラムの投稿に着目する人も。

滝川は、複雑骨折をした犬のコーダ君が治療を受けている様子をアップし、「アニマルウェルフェアに則った犬猫の殺処分ゼロを目指す動物病院のご支援をお願いします!」と、支援を呼びかけていた。

昨年9月から支援金を募るクラウドファンディングが開始され、「本企画に賛同してくださったフォスター動物病院を支援し、これからそのような素晴らしい活動をする動物病院が増えるきっかけを作ることができればと思います」と記している。


関連記事:『とくダネ』男性議員の育休取得 宮崎元議員の体験談が「怖すぎる」

 

■「ゆっくり過ごして」労いの声

出産直前までこうした社会貢献活動をしていた姿に、「ギリギリまで活動されていたクリステルさん、お疲れさまです。ご長男のご出産、おめでとうございます! ゆっくり過ごしてくださいね」といったコメントも。

しばらくは愛する家族とともに、かけがえのない時間を過ごしてほしい。

・合わせて読みたい→脊髄損傷の滝川英治、「弱ペダ」キャスト陣と再会 「不安がありました」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)