「YouTubeで見たことが役立った」 倒れた祖母の命を救った少年に賞賛の声

上手に利用すれば、有益な知識を与えてくれるインターネット。時にはそれが人命救助に役立つこともある。

社会

2020/01/18 18:20

YouTubeに夢中な小学生
(GOTO_TOKYO/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供のインターネット利用については心配な点も多く、幼いうちからネットトラブルに巻き込まれる事例も国際的に報告される時代に。

そんな中で、今話題を集めている9歳の少年の母親も、息子のネット利用時間が長いことに悩んでいたそう。しかし、今回は息子がネットを上手に使っていたことに感謝していると語っている。



 

■祖母の異変

1月2日、英国ウェールズで暮らす、ある9歳の少年が祖母の家に滞在していたところ、祖母が入浴中のバスルームから奇妙な音が聞こえたことから不安に。

「何か起きたのかもしれない」と心配して様子を見ようと浴室に入ると、体調を崩して発作を起こした祖母がお湯のたまった浴槽の中で浮いていたという。


関連記事:2歳弟を急に抱き上げた見知らぬ女 立ち向かう12歳姉に動揺し恐怖の告白

 

■男児の行動

「このままではおばあちゃんが死んでしまう」「溺れないようにしなくてはいけない」と、祖母の頭をしっかりと抱え、まずは浴槽の湯を抜いた後、救急通報して祖母の異変を説明し、救急車を要請した。

それから母親にも電話をかけて祖母の状態を伝え、外に飛び出し救急車の到着を待って対応した。

次ページ
■「動画サイトのおかげ」と話す男児

この記事の画像(1枚)