牛用バイアグラを飲んだ男 3日間も勃起しっぱなしで緊急手術

下半身を押さえ苦悶した男。これでは女性との計画もできたものではない。

社会

2020/01/19 08:15

バイアグラと男性
(nito100/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

初めてのデートでガツンと一発すさまじい「男らしさ」を見せつけよう。そんな思いにひたすら駆られた男にこんなみじめな展開が待っているとは思いもせず…。



 

 

■勃起した状態が3日間も

メキシコ・タマウリパス州レイノサ市在住のある男の下半身に起きた恐ろしい話が、世界中のメディアで拡散されている。

最近知り合ったセクシーな女性とデートする計画を立て、最高のコンディションでコトに及ぼうと薬を服用した男。すると3日にわたり勃起っぱなしになり、ひどい苦痛の中、病院で緊急手術を受けた。


関連記事:診療中の医師を患者の親戚が暴行 刃物で手を何度も切られ重症

 

■ヒト向けの薬ではなかった

医師によると、彼はレイノサ市の病院に入院しており、ベラクルス市で買った「雄牛用バイアグラ」を服用したと認めている。

ヒトに処方されるED(勃起不全)治療薬ではなく、授精のために牛の繁殖促進を目的に畜産農家が購入する薬を服用したために、男の下半身に過度の血管拡張作用をもたらしたのは言うまでもない。

次ページ
■なぜ雄牛用を選んだ?

この記事の画像(1枚)