母の虐待で男児死亡 壮絶な経緯を知る父は「息子はやっと楽になれた…」

かわいい盛りの息子を、無残にも殺害した母親がいる。ひどい虐待を加えていたのは、母親だけではなかった可能性もありそうだ。

社会

2020/01/19 09:20

母親に虐待される息子
(master1305/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

母親のもとで育てられていた幼い男の子が、虐待被害を受けた結果、わずか2歳で亡くなってしまった。母親の恋人にも疑いの目が向けられるなか、遺族が複雑な今の胸中を明かしている。



 

■男児の早すぎる死

米国・ジョージア州シルベスターで暮らしていた2歳の男児が、2019年11月に死亡した。通報を受けた警官隊が男児の家に急行したが、すでに心肺停止状態に陥っていた男児は救いようがなく、残念ながらその場で死亡を宣告される。

その後ほどなくして検視が行われ、激しい虐待を受けた末の死であった可能性が高いと判明。結果、1月10日に容疑者として身柄を確保されたのは、男児の養育にあたっていた21歳の母親シャシー・ニコル・スウェインだった。


関連記事:警官の父と再婚予定の女に虐待された8歳の息子 氷点下の車庫で死亡

 

■複雑だった家庭環境

男児の実の父親は、育児にも熱心に関わっていたが、夫婦の関係が破綻するなり、生活環境は激変。

スウェインの新たな恋人が家に出入りするようになったのを機に、父子がほぼ会えない状態になり、男児の世話は主にスウェインの役割になった。

次ページ
■母親の恋人が指名手配に

この記事の画像(1枚)