劇団ひとり、加藤浩次に電話をかけるも驚愕の展開に… 「なにやってんですか!」

『人生最高レストラン』で劇団ひとりが加藤浩次に連絡先を聞いた過去を明かして…

エンタメ

2020/01/19 13:00

劇団ひとり
(写真提供:JP News)

18日放送『人生最高レストラン』(TBS系)に劇団ひとりがゲスト出演。番組MCの加藤浩次との思い出を振り返るなかで、「連絡先を聞いた」さいの驚きのエピソードを明かした。



 

◼共演はするものの…

テレビでの共演は多いが、裏やプライベートではほとんど会話しないというひとりと加藤。加藤が「深い話したくないほうでしょ?」と尋ねると、ひとりは「そんなことない。加藤さんが俺のプライベートに興味ないと思っていた」とお互いに気を使っていたと判明する。

ここから加藤がMCを務めた深夜番組で「世に出た」というひとりが、「加藤と仲良くなりたくて連絡先を聞いた」当時を振り返った。


関連記事:加藤浩次、劇団ひとりの食生活から大沢あかねとの離婚危機を指摘

 

◼加藤にハマりたかったひとり

「加藤さんにハマりたくて、いい手応えを感じていた」ひとりは、ある日の番組終わりに加藤の楽屋を訪ね、「今度食事に連れて行って下さい」と嘆願。加藤も快く「いいよ。今度電話して」とひとりに電話番号を渡した。

喜び、翌日に早速電話をしたひとりだったが、電話に出たのは別人。「TIMのゴルゴ松本さんの電話番号だった」と加藤から渡された番号がゴルゴのものだったと憤る。

当時を思い出し「なにやってんですか!」とツッコむひとりに、加藤は「面白いと思ったんだよな」と満面の笑みで答えた。


◼約6割が「誘いは社交辞令」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,347名を対象に調査したところ、全体の61%が「『また飲みに行きましょう』と言われて、実際に誘われることは少ない」と回答している。

飲み誘い

ひとりに誘われて「いいよ」と快く返事をした加藤だったが、単なる社交辞令だった可能性もある。芸人ならではの「ゴルゴ松本の番号を渡す」という切り返しだったとはいえ、当時のひとりは傷ついたのかもしれない。

・合わせて読みたい→加藤浩次、若者に広がる「固定電話恐怖症」に一言 反響相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)