浮気した夫のアソコに貞操帯がわりの「金属ナット」 翌朝激痛で病院へ

男の自然な生理現象を妻は知っていたのだろうか。まさかこんな罰があったとは…。

社会

2020/01/20 09:00

股間に激痛
(vchal/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

浮気が妻にバレた夫は、反省と後悔のあまり「妻が怖くて眠れない夜を過ごしている」くらいがちょうど良い。スヤスヤと熟睡などしていては、とんでもないコトが起きるかもしれないのだ。



 

■外れない金属製ナット

ウクライナ・ザポリージャ市の病院にある朝、下半身の激痛によって救急患者としてやってきた40代の男性。

各メディアの報道によると、彼は「朝、股間の強い痛みで目が覚めたら金属ナットがはめられていた。きつい締め付けでまったく外れない」などと訴えたという。


関連記事:煮えたぎる油を顔面に浴びせられた妻の悲劇 夫の凶行に震撼

 

■「妻にやられた」と男性

妻に浮気がバレた直後で、激怒した妻による自分への罰だったと説明する男性。浮気防止のための貞操帯の代わりに、黒くて大きな金属製のナットがスッポリとはめられていた。

熟睡していたためにまったく気づかなかった男性は、翌朝ズキズキと痛み仰天したそうだ。


次ページ
■火花散る電動丸ノコ

この記事の画像(1枚)