「喘ぎ声も特殊な字幕で…」 聴覚障害者が大手アダルト動画サイトを提訴

喘ぎ声も尻を叩く音も、そしてムチの音も…文字であっても生々しい臨場感が欲しいということだろうか。

社会

2020/01/20 09:40

補聴器・聴覚障害者
(AndreyPopov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アダルト動画の中には字幕が添えられている作品も多数ある。だが聴覚に障害を抱えている者は、その字幕だけでは満足していないのかもしれない。



 

 

■「障害者への差別」と主張

米国ニューヨーク市ブルックリン区で、聴覚障害者のヤロスラフ・スリス(Yaroslav Suris)さんという男性が大手アダルト動画サイトの「ポルノハブ(Pornhub)」とその親会社となる「Mindgeek」に対し、異例の訴えを起こして注目を集めている。

「聴覚障害者向けの特別な字幕がないため、せっかくの動画を十分に楽しめなかった。障害者が差別されている気がする」と主張し、同サイトに損害賠償金を求めたいとしている。


関連記事:山下智久、機内で嬉しかった出来事に「さすが世界の山P 」と驚きの声

 

■効果音やBGMも字幕で

スリスさんが求めている字幕サービスは、会話を文字化する一般的な字幕ではなくNTSCという特殊な信号を利用してBGM、効果音まで説明する「クローズドキャプション」。

彼は1日あたり1億人以上が閲覧する「Pornhub」のプレミアムユーザーとしての登録を考えたが、見たい作品にこのサービスが付いていないと存分に楽しめないと主張。

それは障害者も社会に完全に参加できることを保証する「障害を持つアメリカ人法(Americans with Disabilities Act of 1990)」に違反するとしている。

次ページ
■数百万本のうち字幕付きは…

この記事の画像(1枚)